タブレット比較【Google Nexus7】

2013年8月auから発売された7インチのタブレット端末「Google Nexus 7」。
原稿品の中で最強タブレットと評されるほど処理能力の高いタブレットです。
スペックをiPad miniと比較してみても、数値上Google Nexus 7の方が高くなっていて、動画、Web、ゲームなどすべての動作を快適に行えるタブレットです。
「Googleサービス」と連携が強い点も魅力です。
7インチのタブレットの中で比較しても、最軽量クラスの軽さで、使い勝手もいいです。
Google純正のタブレットとして人気が高いです。

 

特徴1・・・持ちやすい。
重さ290g、薄さ8.6mmという薄型軽量ボディ。
ベゼル幅を狭くしてあるため、液晶サイズは7インチの迫力を維持したまま本体を小さくすることができました。
片手で楽に持ち運べるタイプのタブレットです。

 

特徴2・・・優れた解像度。
高精細で広視野角、フルHD IPSの液晶パネルを使っているのでくっきりと見やすい画面、動画や写真も美しく見える画面になっています。
世界最高峰とも言われる解像度の高さです。

 

特徴3・・・Webカメラ搭載。
Webカメラを2つ搭載していて、前面に120万画素のWebカメラ、背面に500万画素のWebカメラがあります。
パノラマ撮影もできて、撮る楽しみが広がります。

 

特徴4・・・置くだけ充電。
給電器に置くだけで充電ができるため、ケーブルをタブレット本体に挿したり抜いたりする手間がありません。

Google Nexus7のメリットデメリット

Googleの7インチタブレットは、持ち運びがしやすくてパワフルな「Google Nexus 7」。
他の7インチのタブレットと比較しても、最も鮮明な画面を持っています。
Google Nexus 7のメリット、デメリットを比較して紹介します。

 

<メリット>
1インチあたり323ピクセル、230万個以上のピクセルによって鮮明な画質をお届けします。
紙よりも鮮明に文字が見えて、写真雑誌よりも品質のいい色鮮やかな画像を見ることができて、躍動感ある動画を視ることができます。

 

ボディはスリムでベゼルは薄型、マットなブラックでシンプルなデザインのタブレットです。
手のひらに7インチのディスプレイがすっぽりおさまります。
HD動画再生は最大9時間、Webブラウジングは最大10時間、読書は最大10時間楽しむことができる大容量バッテリーを搭載しています。

 

パフォーマンス力の高さ、迫力あるサラウンドはゲームに最適です。
ゲームの実績を集める、世界中の人と対戦するなどして楽しむことができます。
たくさんのアプリがあるため、気にいるものが見つかると思います。

 

電子書籍にはコミックもたくさんあり、映画は何千作も用意されています。
オンラインラジオも楽しむことができます。

 

<デメリット>
microSDカードのスロットがないため、SDでのデータ保存ができないことが不便です。
Android端末なので、初期のセットアップ作業、セキュリティ対策などを個人が行う必要もあり、初心者には多少扱いが難しい面もあるかもしれません。


このページの先頭へ戻る